マミヤの忘備録

映画やアニメの感想など自分の趣味について記したいなぁと思ってます。

『ラブライブ!サンシャイン!!』#7「TOKYO」感想

f:id:mamiya7:20171206011734j:image

あらすじ

 PVを公開したところランキングが急上昇。そんな折り、東京のイベントの招待状が届く。Aqoursは期待を背に、東京へ向かうことに。

 東京観光を思い思いに楽しむメンバーたち。立ち寄った神田明神で、歌唱練習をしていた姉妹と邂逅し、その圧倒的なスキルを目の当たりにする。

 宿に着いた一行、音ノ木坂学院へ見学に行くことを提案する千歌だったが、梨子の複雑な気持ちもあり中止となる。

 夜も更けた頃、なかなか眠れない千歌が期待されていることの実感と失敗できないプレッシャーを梨子に吐露する。

 イベント当日、住み慣れた土地との違いや独特の空気を感じる一同。

 Aqoursのライブは2番目、舞台袖で出番を待つ千歌たちの前に神田明神で出会った姉妹が姿を現わす。姉妹は鹿角聖良と鹿角理亞と名乗り、圧倒されている千歌たちに向かって宣戦布告する。

「見てて、私たちSaint Snowのステージを!」

 

 

 

f:id:mamiya7:20171206011756j:image

感想

 東京編前編といった話数。メンバーのいろんな表情、服装が楽しめました。また各々の趣味がより深く掘り下げられており、愛着がわいてきます。

 ランキング急上昇したとはいえ田舎のスクールアイドルで、東京に出ることも一大事な千歌たち。自分たちのホームではない場所でライブをするという緊張感と、期待から来るプレッシャーを初めて経験します。これは田舎を舞台にするからこそできる展開で、自分たちのことを知ってもらえていない状況でどこまでやれるのかが描かれます。 

 本編ではラブライブ!開催の報せが出たり、梨子のトラウマが少しずつ紐解かれていくなど伏線張りの回になっており、ここから新たな章が幕を開けていきます。

 

 

 

 

f:id:mamiya7:20171206011800j:image

 「スティグマ天使…zzz」と眠りについても堕天しっぱなしの善子。