マミヤの忘備録

映画やアニメの感想など自分の趣味について記したいなぁと思ってます。

『ラブライブ!サンシャイン!!(2期)』#5「犬を拾う。」感想

f:id:mamiya7:20171222111450j:image 

あらすじ

  雨の日の練習帰り、善子は犬を拾う。偶然、梨子は善子の母の忘れ物を届けに善子のマンションまで行く。マンションで犬を飼うのが難しいと善子に相談され、代わりに梨子がしばらく預かることに。
 拾った犬を善子は"ライラプス"と、梨子は"ノクターン"と名付けて可愛がっていたが、ある日飼い主がいることがわかり返すことになる。
 納得いかない善子は梨子と共に飼い主の自宅まで行き、ライラプスが現れるのを待つ。先に帰ろうとした梨子だが、雨が降り始めたのを感じ善子のもとに戻る。

 善子はライラプスとの出会いを運命と呼び、こだわる理由を語る。幼い頃から見えない力で不運を引き寄せていたが、ライラプスとの出会いも運命が引き寄せたのだと言う。

 雨が上がり、飼い主と共にライラプスが家から出てくる。何かを念じる善子。振り向くライラプス。しかし飼い主の呼び声により、善子から顔を背けてしまう。肩を落としながら帰りのバスを待つ2人。梨子は「"見えない力"はあると思う。どんな人にも」と感じたことを善子に話す。

 内浦に着いた梨子は「偶然なんてないのかもって思ったの。運命のように出会う―――そう思えば、素敵じゃない?」と千歌に話し、しいたけに触れる。

 

 

f:id:mamiya7:20171222111504j:image

感想

 梨子の世話焼きな部分が発揮されて、そこから善子の掘り下げが始まる―――偶然が重なったような話数でした。他のメディアミックスではユニット"Guilty Kiss"に所属する2人ですが、アニメ1期ではそこまで接点が描かれていなかったのでおもしろい組み合わせだなと思いました。

 見所は善子が自分の話を梨子にするところです。幼い頃から不運なことばかりで、それを"見えない力"によるものだと善子は言いますが、ここで善子は何かに責任転嫁をしているわけではなく「自分が堕天使だから"見えない力"が働いている」としているのが彼女らしくて面白いです。分別も付いてきて、堕天使がいないことは何となくわかってるけど、ライラプスに出会ったことでまた不思議な力を信じられたと言います。"見えない力"で抑えられることもあれば、"見えない力"が導いてくれることもある、そんな論理を超えたところに"奇跡"は起こるのだと思います。今回はささやかなものでしたが。

 また、起こったことに対して悲観的になるのではなく、自分が特別だからこそそんな目に遭うんだという、ある種のネガティブからポジティブに転換する考え方が善子の魅力だし、そんな善子だからこそ私も推しているんだなと再確認しました。

 梨子の方も思わぬ形で犬を克服するきっかけが生まれました。梨子が最後に「この世界に偶然なんてないのかもって思うの。全てに意味がある。見えないだけできっと」と言うのもこの話の総括として秀逸ですし、Aqoursというグループの軌跡にも当てはまる展開でした。

 善子自身、ライラプスに会って何をするかなんて考えてなかったのかなと思います。それは梨子にとってもおそらくそうで、帰ろうとしたあとに善子のもとに戻ってきたのも、何かできるわけでもないけどそばにいたいというだけのように思います。明文化しづらいですが、そんな心の機微がそこにはあったのかなと。何か派手なことが起こるわけでもなく、ささいなことから仲間同士の気持ちが伝わって、大きく変化していく―――ささいな"奇跡"だとしてもこの重なりが大きなものになっていくのだと思います。善子推しとしても、とても好きな1話でした。"ハートの磁石"が引き合う先に何が待つのか、このあとも楽しみです。

 

 

f:id:mamiya7:20171222111747p:image

 一瞬だけ振り向いたライラプス。きっと何かが伝わったはず。