マミヤの忘備録

映画やアニメの感想など自分の趣味について記したいなぁと思ってます。

『ラブライブ!サンシャイン!!(2期)』#8「HAKODATE」感想

f:id:mamiya7:20171225122033j:image

あらすじ 

 Saint Snowの厚意で北海道地区予選の観覧に招待されたAqoursは函館の地に降り立つ。

 控え室にて、聖良は前に会ったときの非礼を詫び、決勝で会うことを約束する。千歌もその宣言に受けて立つ。理亞は本番前の緊張からか一言も発さない。

 そしてSaint Snowの出番―――。

 2人は衝突し転倒してしまい、その影響で予選敗退となってしまった。Aqoursは2人の学校に立ち寄る予定だったが、気持ちを考えてそっとしておくことに。しかし偶然入ったお店にSaint Snowの2人が務めていた。ルビィは涙で枕を濡らす理亞を見てしまう。その後、聖良が「理亞には次がある」と諭すが肝心の理亞は「絶対にいや!」と頑なに拒否する。

 2人のお店を出て、喫茶店で話す一行。理亞の反応について話しているとルビィが「お姉ちゃんがいなくなるのがイヤなんだと思う」と言葉をもらす。感心するメンバーの視線を受けて、しゃべりすぎたと感じ、思わず外に逃げ出すルビィ。姉のダイヤが追いかける。

 2人きりになった姉妹がAqoursのこと、お互いのことを語り合う。「ルビィを置いていかないで」と素直に寂しい気持ちを吐露する。ダイヤは「ルビィは成長しました」と言い、自分からAqoursに入ることを決めたのが本当にうれしかったと、当時の気持ちを伝える。

 ルビィは意を決して理亞を呼び出す。ひょんなことから姉についての口論になるが、それでお互いに姉のことが大好きなのだと再確認する。「お姉ちゃんはルビィが一人でがんばってるのがうれしいみたい」とルビィなりに理亞を励ます。「そんなことわかってる。でも、最後のラブライブ!だったのに」と目に涙を浮かべる理亞。「最後にしなければいいんじゃないかな!」とルビィは提案する。

 2人はクリスマスツリーの下で、一緒に曲を作って大好きな姉に届けることを決める。

 

 

 

f:id:mamiya7:20171225122059j:image

感想

 Saint Snowラブライブ!の厳しさを見せつける役割を担うとは、という衝撃的な話数。予想はしていましたが、いざ見ると辛いものがありました。妹の理亞が気負い過ぎたのが仇になったのか、ライブを失敗してしまうという展開で、理亞の他人に決して見せることのない表情が多く描かれていました。

 同じ妹だからこそルビィに救済させる役割を持たせるのも良いなと思いました。かけた言葉はダイヤの受け売りとはいえ、意固地になった理亞の心を動かすことができたというだけでルビィの成長を感じました。

 そしてとうとうこの話数で、ダイヤだけですが3年生の卒業の話にも触れられました。まだなにも考えていないとダイヤは言いますが、ラブライブ!に集中したいからなのか、妹を心配させないために言ったのか、と想いを馳せてしまいます。ダイヤ自身の本音も多く聞ける話数で、生徒会長という立場の裏でルビィの成長を誰よりも感じていました。

 聖良自身の気持ちはまだまだ見えてこず、ストイックな印象は前と変わらないのですが、それは本人の言う通り悔いがないからこそなのかなと。あと、スクールアイドルと完成されたキャラとして描かれていると私は思っていて、自分をどこまでも律する性格なのは今回でよくわかりました。

 

 

f:id:mamiya7:20171225122120j:image

 「よけるべし!よけるべし!」吹雪を前にして中二病というより小学生のような反応をする善子。