マミヤの忘備録

映画やアニメの感想など自分の趣味について記したいなぁと思ってます。

【アニメ感想】『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』第10話「されど舞台はつづく The Show Must Go On」

f:id:mamiya7:20180920232631p:image

あらすじ

 オーディション最終日を知らせる着信。舞台少女はそれぞれ思い思いに過ごし。華恋とひかりは以前入れなかった東京タワー水族館へ行く。ひかりは幼い頃に交わした約束への感謝を述べ、レヴューへと赴く。

 舞台には華恋、ひかり、真矢、クロディーヌの4人。その他の舞台少女は客席から見守る。参加人数でイレギュラーが発生したため今回は2対2のレヴューに。ひかりと真矢はそれぞれ華恋とクロディーヌを指名する。

 トップスタァをかけたデュエットの行方はいかに―――。

 

 

f:id:mamiya7:20180920232726p:image

感想

 ついに訪れたオーディション最終日。Aパートはそれぞれの過ごし方が短いながらも丁寧に描写された。ななが純那に感化され名言を引用し変化を肯定したりと、前回からの物語のバトンもしっかり繋がっている。

 今回は華恋とひかり、そして真矢とクロディーヌの物語。前者は4話のように都内を観光する。そのきっかけになったのが、「水族館にまた行こう」という約束を華恋が思い出したから、というのも良い演出。どんなに離れたとしても、忘れかけたとしても、絶対に思い出し、巡り会う。二人の関係性を率直に表した描き方だ。お互いの髪留めを止めるシーンも印象的で、幼い頃に抱いた夢だけは変わらずに成長したことが表されていて好みだった。とはいえ不穏なところも散りばめつつ、最後に二人はあの結果となるが、それは次回への引きでもあるので、次に真矢とクロディーヌについて見ていく。

 お互いが強く惹かれ合っている、というのを華恋とひかりでは記憶という形で表現されたが真矢とクロディーヌも同様だ。クロディーヌにとっての屈辱の過去であり、舞台少女として新たに生まれるきっかけになった入学試験の日のことを、真矢はしっかりと覚えている。華恋とひかりのような約束はそこにはないが、それを記憶しているというだけで華恋たちとは違う運命がそこに表されている。

 子役としてスターダムを駆け上がるクロディーヌにとって初めての敗北が真矢という存在。そして孤高の天才である真矢にとっても対等な立場で食い下がってくる相手はクロディーヌが初めてだったのではないかと思う。だからこそずっと憶えていた。「負けてない」と敵対心を露わにされてもなお、真矢は憶えていた。忘れられるはずがないのだ。お互いにとって初めて覚える感情、そしてその対象は絶対の相手になり、レヴューデュエットまでお互いを導く。

 レヴュータイトルは“運命”。曲は『Star Divine』。『ラブライブ!』シリーズなどでも過去の楽曲を大一番に使うという手法は成されたが、本作はさらにレヴューという性質上、レヴューの出演者のみによる歌唱となっている。

 激しい剣戟の末、勝利を掴んだのは華恋とひかり。レヴュー終了後、クロディーヌは「負けたのはわたし、私だけよ…天堂真矢は負けてない」と涙まじりに訴える。クロディーヌの気持ちを想うと胸が痛くなるセリフだ。トップの成績である真矢が負けるはずがなく、もし負けたとするならそれは自分のせい―――自分の“負け”を認めてまでも真矢の孤高を守ろうとするクロディーヌのこのセリフは響くものがある。さらにその後、フランス語で嗚咽を漏らすクロディーヌにやさしくフランス語で語りかける真矢。クロディーヌの反応的に初めてフランス語を喋ったのだろう。他の舞台少女と言語的な断絶を加えることで、二人以外は理解できない会話になっていて、トップの者たちしか持ち得ない孤高が描かれていたように思う。

 そして真矢があくまで負けたのではなく、あの二人の方がスタァライトにふさわしかった、と言うのも面白い。どちらも最高のデュエットを放ち、その末に舞台が選んだのは華恋とひかり。舞台は生ものだ、という話もあるが、まさにその所以を見るような物語だった。人は変化し、関係も変化していく、華恋みたく言えば日々進化中なのだ。真矢とクロディーヌにとって結果は不本意だったが、それ以上にかけがえのない相手に気づけたことは財産だろう。