マミヤの忘備録

映画やアニメの感想など自分の趣味について記したいなぁと思ってます。

『TIMELINE STREET』in Another Dimension(2021/7/28)の感想

f:id:mamiya7:20210803171826j:image

どうもmamiyaです。今日は渋谷のAnother Dimensionで開かれた、YABO$HIKI-1氏主催の『TIMELINE STREET』の感想を書いていくよ。

ゲストDJで呼んでもらったり、みんなでわいわいしたりして大変楽しゅうございました。それではいってみましょ。

 

 今回のDJ陣の出順は、あらいぐまMC、See Ra、TRIPPY、YABO$HIKI-1、mamiya、どくまんじゅ(敬称略)。

 本イベントはヒップホップがベースにあるMAZAI RECORDSのメンバーがレギュラーDJを務めるので、ラップが主に選曲される現場ではあるのだけど、それだけじゃなくジャズ、ロック、アイドルソング、アニソンなどもDJのセンスによっては流れる現場になってる。場のムードを崩すことなく、一つの色に昇華できてるのがTLSというイベントの特徴かもしれない。今回、人前でDJするのがお初だったSee Raが印象的で、初登板とは思えない繋ぎと雰囲気の掴み方だった。

 かなり和やかな雰囲気で踊るのもありだしおしゃべりもありな、おそらく交流も是としているイベントなのだと過去と今回の雰囲気でわかる。これを表すものとして、今回DJとしてTLSに呼んでくれたヤボさんとの会話が印象深い。

「mamiyaさんNORIKIYO好きですよね。SD Junkstaは聴きます?」ってとこから、他のメンバーだとBron-Kを一通りと、OjibahとNORIKIYOのジョイントぐらいしか聴いてないのを正直に伝えると、そこからOjibahのソロの話題に発展して、氏のラップスキル、エピソード、その他諸々…色々教えてもらった(Ojibahの盤がサブスクに全然ないんじゃ)。

グルーヴィーな音を浴びながらこういった話題で盛り上がるのがすごく良い空気感で、このイベントでやりたいことってこれなのかなと思った。

お話で盛り上がるって部分ではなくて、話題だったり音楽だったり空気を共有して一緒に楽しもうとするアティテュードを感じた。でもそこがビビッドに押しつけがましい形じゃなく、共有できそうなら共有しようっていうふんわりした連帯感で自分としても居心地が良かった。

クラブ通いはそこまで多くしてる方ではないけれど、このゆるい連帯感がクラブの好きな部分なのでそれを濃く、しかしふんわり感じられるTLSは良いなぁと。

その場に乗ったり乗らなかったり眺めたり、さながらTwitterのタイムラインのようで、ヤボさん的にはそんなゆるいノリの空間をストリートの端っこで表現したかったのかなと思う。

これ読んで興味持った人は、これからも定期的に行われるみたいなのでぜひ遊びましょ。

 

おまけ DJセトリのライナーノーツ

f:id:mamiya7:20210803195005p:plain

 今回のセトリはこんな感じ。お初のDJの時から15分増えて30分枠だったのでよりゆったりやらしてもらいました。個人的なテーマとしては序盤にラップを配置して身体揺らしてもらって、途中からテンポ上げてダンサブルに!という形にしていった。

 たしか自分の出順の前の御三方が図らずもBPM90ぐらいで、mamiyaの番からBPMが上がる流れになったんだけど、SHAMOさんの『YORUnoMACHIKADO』(prod by CAPTAIN AKIHABARA)がサックスのメロウな音色から始まるのもあり、無理なくふんわりバトンを受け取れたかなと。

 ラップナンバーが続いてく最中、『ILL伝導者』のhookラストの音抜きで、『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』の変身シーンでお馴染み『Fly Away』に移行。めちゃめちゃダンサブルでクラブ映えするからかけたいと思ってた一曲。六法くん(from ソラアラシ)がかかった瞬間に駆け寄って上がってくれたのが嬉しかった。

 ガイナ繋がりでthe pillowsの『LITTLE BUSTERS』。イントロのギターのぎゅーんって上がってくあたりで切り返すのが気持ちよかった。イントロ開けのサビで初っ端から盛り上がってくれたみんなサンキューです。

 クラブでかけてみたかった『Guilty Night, Guilty Kiss!』やっぱ自分でかけてみても映えるなぁって小躍りしてしまった。

 ファミコンの音色を操るサカモト教授『SAMURAI』、シュールな縦STG『イルマティックエンベロープ』のBGM『I Wanna BE With YOU IN This World』のインスト二曲も繋げたい構成だったので満足。

 その後、モーニング娘。の『愛の軍団』に繋げたけども、割と早めのBPMで踊れる流れにするかってなったときにポップなEDMやってるモーニングは良いのでは?ってなりここに配置。メロディも好きだけど歌詞もめちゃくちゃ良いんですよ。ハローナードのTRIPPYが小躍りしてたのでありがたかったぜい。

 『NEW SOUL』、『君に、胸キュン。』の名ポップソング二曲を挟んでラストはPUNPEE & NORIKIYOによる『TRAIN-TRAIN(REMIX)』。次に繋ぐ流れ的にも最後はラップに回帰しようというのは決めてて、その中でたまたまディグったのがこの一曲。THE BLUE HEARTSの名ロックナンバーのラップリミックスで出番を締めるのって、いろんなジャンルがかかるこのイベントの雰囲気にすごく合うなぁと思って選曲した。次に繋ぐぽじさん(どくまんじゅ氏)がロックナンバーを織り交ぜたセトリだったのを思うと、良いバトンになったのではと自画自賛しておきやす!

 全曲書いてたら長くなるからかいつまでんお話しようと思ったら結局長くなったわね。最後まで読んでくれたあなたにも感謝を。

そんなこんなでプレイヤーとしても、オーディエンスとしても、本当に楽しい空間でございました!また遊べる日が来るのを心より待っております。

それでは、宇田川町で待ってるよ。