マミヤの忘備録

映画やアニメの感想など自分の趣味について記したいなぁと思ってます。

【アニメ感想】『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』第5話「キラめきのありか」

f:id:mamiya7:20180814172240p:image

あらすじ

 昨年度の歌劇「スタァライト」の夢を見ながら、目覚まし時計の音で目が覚めるまひる。横にいるはずの華恋とひかりの姿がない。

 華恋とひかり、二人だけで夜を過ごして以来、華恋は見違えるように変わった。しかしそのことにまひるはわだかまりを募らせる。

 故郷のおばあちゃんからジャガイモと一緒にまひるが中学生のときに受けたインタビュー映像が送られてくる。途中で映像を切り、目標なんて何もないと痛感するまひる

 華恋とひかり、二人の間に入ることができないもどかしさは続く。そんな中、オーディションの着信が鳴る。去年、華恋が見せてくれたきらめき―――「ずっと一緒にいる」―――この約束を取り戻すためのレヴュー。まひるの想いが舞台上で炸裂する。

 

 

f:id:mamiya7:20180815172924p:image

感想

 演出としてはコミカルなものが多く、笑える仕掛けもたくさんあったがどこか切なさを感じた。というのも実質的にはまひるの失恋回だからだろう。しかしただ悲壮感だけがあるのではなく、コメディとしての面もあるのはまひるというキャラのおかげであるように思う。この第5話は最初から最後まで演出が効いてて、4話でデュエット版が披露されたあとに5話のEDがまひるのソロというのも、切なさがありつつも自立を思わせる。

 自らがトップスタァになるためにオーディションに臨む舞台少女が多い中、華恋はひかりと共にその頂きを目指すが、まひるもそれに近しいものがある。まひるは華恋と共に運命の二人に、と願いながらそれを口に出せずにいて、今回の嫉妬のレヴューでその想いが爆発することになるが、華恋とまひるの二人の「他者と共にトップに」という在り方とは決定的に違うものが見えた。それは華恋とひかりが同じ願いのもとにトップスタァを目指すのとは違い、まひるは前の華恋のままでいて欲しいという想いが先行している。華恋とひかりのような、同じ願いを持った二人になれないことがわかっているからこそ、まひるの独占欲が強くなっていくという描写は巧みだった。

 まひるの思考が、レヴューが始まる前から袋小路に陥っているのも切ない。仮に華恋を下して独占できたとしても、まひるが憧れたきらめきは失われる。そのことに気付かないフリをしていただけでまひるが一番わかっていたように思う。そしてまひる自身が憧れたのはひたむきに頑張る華恋だ。そのきらめきはひかりとの再会でさらに増していった。

 レヴュー終盤、華恋はまひるを置き去りにはせずに、まひる自身のきらめきを説く。"温かい歌"、"お日様みたいなダンス"、"朗らかなお芝居"―――華恋が発するその言葉はまひるのきらめきを示すだけではなく、まさに今回の話数を象徴している。筋としては切ない物語なのに、演出はコミカルで温かく、まひるが主役でなければ成立しなかった話数だった。まひる自身のキラめきのありかがこの第5話の演出で表現されていることに気づくとやはり気持ちが温かくなる。

 最後にインタビュー映像の続きが流れる。インタビュアーにどんなスタァになりたいか問われこう応える。

大切な人たちを笑顔にできるような

温かいスタァになりたいです。

 元々自身の中にあったきらめきを再認識することで幕が引かれる。個人的に興味深いのは、一年前の時点では華恋もまひるもくすぶっていたにもかかわらず、まひるは華恋にきらめきを見出していたというところだ。ひかりのようなポジションにはなれなかったが、今の華恋があるのはまひるの温かさがあってこそのように思う。あの日、まひるが華恋のきらめきを見つけたように、今度は華恋がまひるのきらめきに気づかせる。恋慕は叶わずとも、麗しい友情の物語だった。