マミヤの忘備録

映画やアニメの感想など自分の趣味について記したいなぁと思ってます。

『ラブライブ!サンシャイン!!』#8「くやしくないの?」感想

f:id:mamiya7:20171208161130j:image

あらすじ

 Saint Snowの圧巻のライブに気圧される千歌たち。プレッシャーを感じながらも舞台へと向かう―――。

 イベント後、ランキング票を手渡された千歌たちはページをめくりAqoursの名前を探す。やっと見つけた名前は30番目―――最下位だった。

 得票数は「0」

その事実によろめく千歌。そこにSaint Snowの2人が姿を現わす。その実力でラブライブ!を目指すのは難しい、と厳しい言葉を投げかける。

 帰りの電車、うなだれるメンバーたち。千歌は「今までで最高のパフォーマンスだった」と自負するが、気丈に振る舞う千歌に曜は「くやしくないの?」と問いかける。千歌は「あのステージにみんなで立てて嬉しかった」と取り繕うように答える。

 沼津駅で千歌たちの帰りを待っていたダイヤ。票を得られなかったのは千歌たちが悪かったわけではなく、全体のレベルの上昇と競争率の激化によるものだと、近年の情勢を交えて説明する。そしてその中で、ダイヤ・果南・鞠莉が元々スクールアイドルをやっていたこと、千歌たちと同じイベントで歌えなかったことを告白する。

 帰路に着いてもなお、メンバーはイベントやダイヤの話を消化できないままでいる。朝方になっても寝付けない千歌は海岸のほうに歩きだし、その姿を見つけた梨子も後を追う。

 海に潜り何も見えなかったと口惜しそうにつぶやく千歌。抑えていたものが決壊したように感情を吐き出していく。「だって0だったんだよ!悔しいじゃん!」涙を流しながら訴える。

 本音を聞けたことに安堵する梨子。自分がちゃんとしなきゃみんな不安になっちゃうでしょと言う千歌に、梨子は「千歌ちゃんのためにやってるんじゃないの。みんな自分の意志で決めたのよ」と諭す。集まるAqoursのメンバーたち。

 「今から0を10や100にするのは無理かもしれない。だけど0から1にすることはできる。」梨子の言葉に力が入る。曇天の中から光が射し、千歌たちを照らし始める。

 

 

 

続きを読む

『ラブライブ!サンシャイン!!』#7「TOKYO」感想

f:id:mamiya7:20171206011734j:image

あらすじ

 PVを公開したところランキングが急上昇。そんな折り、東京のイベントの招待状が届く。Aqoursは期待を背に、東京へ向かうことに。

 東京観光を思い思いに楽しむメンバーたち。立ち寄った神田明神で、歌唱練習をしていた姉妹と邂逅し、その圧倒的なスキルを目の当たりにする。

 宿に着いた一行、音ノ木坂学院へ見学に行くことを提案する千歌だったが、梨子の複雑な気持ちもあり中止となる。

 夜も更けた頃、なかなか眠れない千歌が期待されていることの実感と失敗できないプレッシャーを梨子に吐露する。

 イベント当日、住み慣れた土地との違いや独特の空気を感じる一同。

 Aqoursのライブは2番目、舞台袖で出番を待つ千歌たちの前に神田明神で出会った姉妹が姿を現わす。姉妹は鹿角聖良と鹿角理亞と名乗り、圧倒されている千歌たちに向かって宣戦布告する。

「見てて、私たちSaint Snowのステージを!」

 

 

続きを読む

『ラブライブ!サンシャイン!!』#6「PVを作ろう」感想

f:id:mamiya7:20170929133214j:image 

あらすじ

 浦女を駆け巡る不穏な報せ。生徒数の減少に伴い、統廃合の可能性が出てきた。

 母校の危機だが千歌は心なしか嬉しそうにしている。それもそのはず、憧れのμ'sと同じような状況になったからだ。廃校のピンチから浦女を救うと息巻く千歌。沼津や内浦の良いところを市外の人にアピールしようとPVを作ることに。

 内浦の景色の美しさは誇れるものの、都会に比べれば物もなく、PV作りは難航。そんな中やっとの思いで作ったPVも鞠莉には「このテイタラクですか?」とたしなめられる始末。

 鞠莉に町の魅力を教えようかと提案されるが、自力で見つけなきゃ意味ないと千歌は固辞する。明朝、海開きが行われ、町の人たちが一堂に会する光景を見て、梨子が「これなんじゃないかな」と気づく。千歌はその場にいた人たちに、学校を救うためPVへの協力をお願いし、見事にスカイランタンの映えるPVを作り上げる。

 学校の屋上で夕焼けを見送りながら「私、心の中でずっと叫んでた。助けてって。ここには何もないって」と気持ちを吐露する千歌。でもそれが間違いだったことを認め、高らかに宣言する。

「この場所から始めよう。できるんだ!」

 

続きを読む

『ラブライブ!サンシャイン!!』#5「ヨハネ堕天」感想

 f:id:mamiya7:20170924174212j:image

あらすじ

 「普通のリア充」になるため心機一転、登校し始めた善子。おかしなことをしないように花丸に監視を頼むが、 結局クラスメイトの前で「堕天使ヨハネ」が出てしまいスクールアイドル部の部室に引きこもってしまう。

 逆に千歌は堕天使姿の善子を見てAqoursへとスカウト。スクールアイドルランキングが伸び悩んでいたAqoursのブレイクのきっかけに、善子を加入して堕天使アイドルとして押すことを決める。

 思惑通りランキングが急上昇するも、無理矢理立てたキャラで得た人気など一時的なものに過ぎないとダイヤに一蹴され、事実その通りに順位は下落。責任を感じた善子は堕天使もAqoursもやめることを決意し、千歌たちのもとを離れる。

 明朝、ゴミ置き場に堕天グッズ一式を捨てているところに、千歌たちが再びスカウトにやってくる。思わず逃げ出す善子、追いかける千歌たち、広い沼津の街を疾走する。ランキングが落ちたのは善子のせいではないと説得を試みる千歌。

 「善子ちゃんは捨てちゃダメなんだよ!自分が堕天使を好きな限り!」この一言に善子の心が動き、また新たにAqoursのメンバーが増えるのだった。

  

続きを読む

『ラブライブ!サンシャイン‼︎』#4「ふたりのキモチ」感想

f:id:mamiya7:20170923123901j:plain

あらすじ 

 初ライブを地元の人たちの協力もあり大成功に納めたAqours。晴れて部活としての承認を得る。

 彼女たちの姿を見て憧れを抱くルビィだったが、姉のダイヤに気を遣って行動できないでいた。それを見かねた親友の花丸に誘われて、スクールアイドル部に一緒に体験入部することに。

 神社の過酷な石段でのランニング中。花丸にペースを合わせていたルビィだったが、花丸に「他人に合わせるんじゃなく、自分の気持ちを大事にしてあげて」と激励され、一人で駆け出していく。

 花丸は神社の道中にダイヤを呼び出し「ルビィちゃんの気持ちを聞いてあげてください 」と伝え、その場を離れる。その後、下りてきたルビィが姉に本心を打ち明け、晴れてスクールアイドル部に入部。

 「これでマルの物語はおしまい」ルビィをスクールアイドルにさせたことで役目を終えたと、一人で図書館に戻る花丸だったが、ルビィの「花丸ちゃんと一緒にスクールアイドルをやりたい」という気持ちを受けて花丸もまた入部するのだった。

 

続きを読む

『ラブライブ!サンシャイン‼︎』#3「ファーストステップ」感想

f:id:mamiya7:20170923124042j:image

あらすじ 

 梨子がメンバーとなり、練習に明け暮れる千歌たちの前に浦の星女学院の生徒兼理事長になった鞠莉が現れる。体育館でライブを行い、人を館内いっぱいに集められたらスクールアイドル部の設立を承認すると提案する鞠莉。二つ返事で条件を飲んだものの、全校生徒だけでは満員にできないことに気付く。

 千歌の姉、美渡に宣伝してもらうよう頼んだり、チラシを配ったりと奔走。チラシ配りで偶然会ったルビィと花丸にグループ名を尋ねられたことがきっかけで名前を考えることに。

 砂浜でグループの名前案を書いているときに「Aqours」の文字を見つける3人。誰が書いたかもわからないが、それに魅かれグループ名はAqoursに決定。

 ライブ当日。天気は嵐。ステージへと向かう3人だが、客足はまばら。それでも懸命にライブを行うも、突然の停電によりライブ自体も止まってしまう。

 心が折れかけたそのとき、ぞろぞろと館内に人影が増えていく。チラシの情報が間違っており、時間がずれていたのだった。館内を人が埋め尽くしていく。停電もダイヤの用意したバッテリーにより復旧し、ライブは見事に成功。

 ダイヤから「今までのスクールアイドルの努力と町の人たちの善意による成功」だと厳しい言葉を投げかけられるも、その言葉を受け止めた千歌は「でも見てるだけじゃ始まらない。今しかないこのときを輝きたい」と高らかに宣言するのだった。

 

 

続きを読む

『ラブライブ!サンシャイン‼︎』#2「転校生をつかまえろ!」感想

f:id:mamiya7:20170923124137j:image

あらすじ

 梨子に断られてもめげることなく勧誘を続ける千歌だが、誘えば誘うほど梨子の態度は硬化していく。

 部の正式な発足も相変わらずダイヤは断固拒否。問答する中でダイヤもμ’sのことに詳しいことが判明するも、認めてもらうことは叶わず。

 海岸で偶然会った梨子の「海の音を聴きたい」という言葉を受けて、スクールアイドルとは関係なしに海へダイビングすることに。果南のボートで沖へと向かい、千歌・梨子・曜の3人で「海の音」を聴くことに成功。

 心境の変化もあり梨子が作曲として加入するも、歌詞がないということに気が付く。頭を悩ませる千歌だったが「スクールアイドルを好きな気持ち」を詩に込めることで作詞を進める。

 ピアノもあまり上達しなくなり、何をしていても楽しくないと心情を吐露する梨子に、「スクールアイドルをやってみる」ことを提案する千歌。ピアノを捨てるのではなく、また笑顔で弾けるように。再起に向けて気持ちが重なる―――。

 

続きを読む